広い土間スペースを設けた住まい

広い土間スペースを設けた住まい

  • 文京区小石川
  • 築30年
玄関のたたきを広くし、モルタル仕上げの土間を新設。 エントランスに入った瞬間、ゆったりと広い空間が広がる印象の良い住まいになりました。 タイルやモルタルなど、たたきの素材で印象が変わるので、素材選びがポイントになります。

概要

場所
文京区小石川
築年数
築30年
床面積
109.8㎡

ビフォーアフター

*画像をクリックすると拡大されます

リフォームのポイント

エントランス

玄関のたたきを広くし、モルタル仕上げの土間を新設。 エントランスに自転車を置いたり、アウトドア用品のお手入れや、お子さんの遊具(外遊び)などを置きたいなど、 玄関から趣味を楽しむ場所に。 中央の間仕切り戸を開けるとそのままユーティリティ、キッチンへとつながります。

ユーティリティースペース

出入口にアーチを取り入れ、やさしい雰囲気の空間を演出。 ユーティリティースペースとして設けたスペースは家事はもちろん仕事や趣味の作業をする場所として、使う人によって表情を変えられる 居心地の良い”私専用”のスペースになりました。

キッチン

キッチンの壁面収納は圧迫感の少ない半透明の扉を採用。 キッチンが明るい印象に。

トイレ

レストパルF(床排水)I型(TOTO)を採用。 浮遊感のあるフローティングデザインなので軽やかですっきりとした印象を与えます。 また、やわらかフロアライトが入室すると自動で点灯、退室すると消灯します。 オープン収納の棚を設置し、内装にこだわったおしゃれな空間になりました。

リフォーム相談会です