空間に広がりを感じるキッチン

空間に広がりを感じるキッチン

  • 新宿区若宮町
  • 築17年
既存はキッチンが閉塞的な空間になりリビングとダイニング空間が全くの別空間になっていました。リビング横の洋室がリビング空間に凹凸があるため余計に窮屈に感じてしまうような印象でした。 リフォームではキッチンの壁を取り払い、コンロとシンクを同じ個所にまとめて使い勝手もよくなりました。 コンロ前の油はねよけパネルは透明で視界を遮らないタイプのものにしたので、キッチン空間とリビング空間につながりを感じられ、広々としたLDKの印象です。 キッチンは白で、鏡面タイプのものなのでLDKの空間に明るさをプラス。 キッチン上のみ天井を木目のクロスに変えて、リビングダイニングとの空間をゆるやかに区切っています。

概要

場所
新宿区若宮町
築年数
築17年
床面積
75.04㎡
間取り
2LDK

ビフォーアフター

*画像をクリックすると拡大されます

リフォームのポイント

クローゼット

折戸タイプの扉は省スペースでも開閉可能。 天井高までたかさがある大容量のクロ―セットは下部がハンガーパイプ、上部は棚があるので、季節もので使用頻度が低いものもしまっておけるのでお部屋をすっきりと使うことが出来ます。

バスルーム

三面同じカラーの壁パネルで統一しています。 水洗下カウンターは洗面おけがおけるジャストサイズのコンパクトタイプにしたことで、お手入れ場所も少なくて済むタイプに。 ワイドミラーを取り入れ、浴室内が広々感じる錯覚に。 浴室乾燥機も装備しました。

エントランス

床は石目調のタイルにしています。二色のカラーを取り入れ、表情豊かな玄関です。 下駄箱と床が光沢のあるタイプなので高級感感じられるホテルライクな空間に。 天井までの高さギリギリまで設けることで大容量の下駄箱収納に。家族分の履物はもちろん、季節物の履物までしっかりと収納しておくことが出来そうです。

リフォーム相談会