明るく、上質に

明るく、上質に

  • 文京区大塚
  • 築40年
築40年のマンションで、浴室は在来工法の浴室で壁が邪魔になっていて狭く感じるような浴室だったり、トイレやキッチンも淡い色合いで古さを感じるようなタイルでした。 ドアの枠も高さが低め、梁が邪魔して窮屈に感じるようなダイニングや居室で全体的に古さを感じるような家でした。 フルリフォームでは、スケルトン工事をすることで間取りも変え構造上抜ける柱等は排除し、広々としたLDKを実現させ、開放的でゆったりとした空間に生まれ変わりました。奥まっていたキッチンもオープンにしてリビングと一体化させることで、より広さを感じられるLDKです。 浴室は位置をずらしユニットバスに変更。これで入浴時もくつろげる広々浴槽とお手入れ簡単浴室に変わり、入浴中も入浴後も快適な浴室空間になりました。

概要

場所
文京区大塚
築年数
築40年
床面積
87.48㎡
間取り
2LDK

ビフォーアフター

*画像をクリックすると拡大されます

リフォームのポイント

エントランス

ゆとりある玄関は、上質な空間になるようフロアタイル敷きにして、石目調のものにしました。 玄関扉をあけるとゆとりある土間と玄関ホールです。すっきりと見せているのは、部屋をシューズインクロークに変えて下駄箱のない玄関にしたからこそ。 フロアタイルは石目調でブラックにして上質な玄関を演出。光沢のある質感によりホテルのエントランスのような空間に仕上がっています。 ブラウンの建具があたたかみをだしてくれ、わが家に帰ってきた安心感を与えてくれてます。

書斎コーナー

主寝室の一角に書斎コーナーを設けました。 上部には棚を造作しています。 机も木のぬくもりを感じ癒されながら作業が出来そうです。 コの字でかこまれた空間に集中力が増しそうです。

アクセントウォール

LDKの空間にアクセントウォールとしてエコカラットを取り入れました。 真っ白な壁に囲まれた空間に広さは感じられるもののかわりばえないクロスに味気無さを感じますが、一か所違った質感の壁にすることでいっきに空間がしまり趣のある空間にチェンジ。 素材もエコカラットで空間の調湿をしてくれる為、気持ちよく過ごせるLDKです。

リフォーム相談会