くつろげるユニットバスに

くつろげるユニットバスに

  • 文京区大塚
  • 築40年
マンションによくある抜けない柱が邪魔してしまい浴槽と洗い場が仕切られているような狭く窮屈に感じる浴室でした。 リフォームでは浴室の場所を少し移動させて広々と。ゆったりとくつろげる快適空間の浴室になりました。 ユニットバスはTOTOのWGシリーズ。ラウンド浴槽で高い節水効果とゆったりとした入浴感が感じられる浴槽に、ほっからり床で床のお掃除も、シンプル形状で汚れがつきにくい排水口のお掃除もらくらくで毎日使う浴室のお手入れは簡単に。 毎日使う場所だからこそ使いやすく、気持ちよく過ごせる場所に。

概要

場所
文京区大塚
築年数
築40年
床面積
間取り

ビフォーアフター

*画像をクリックすると拡大されます

リフォームのポイント

ユニットバス

在来工法で作られていた浴室が、場所を少しずらしたことでユニットバスの設置を実現させられたことが一番のポイントです。 既存ではピンクのタイルで可愛らしいイメージでしたが、タイル張りとあって、タイルの目地のお掃除や冬のひんやりとした浴室内がせっかくの入浴タイムを憂鬱にさせるようなものでした。 しかし、ユニットバスにすることでパネルの壁はさっとお掃除できるので手間がかからず、浴室内は断熱材やほっからり床でヒヤッとせずに入浴できるようになりました。浴室乾燥機も新設することで雨季や寒冷期のお洗濯にも大活躍の浴室に変身しました。 快適なバスタイムライフの幕開けです。

水栓

洗い場水栓はアクセントカウンターと一体型です。 見た目にもすっきりとしたデザインでタッチで簡単操作なので、既存の蛇口をひねる力のいる操作も必要ありません。 洗面器を置くカウンターもある2段タイプのカウンターで、床面に洗面器を置くよりも高低差が少ないので水はねしにくく不快な気持ちも軽減されそうです。幅もゆったりとあるので洗髪時等ボトルを置いておきたい時にも便利です。

リフォーム相談会