和室から洋室へリフォームの種類から費用まで徹底解説!

和室から洋室へリフォームの種類から費用まで徹底解説!

2021年07月28日(水)

最近は、生活スタイルの変化に伴って、和室を作らないご家庭も増えています。

床の上に座って食事をしたり、畳の上に布団を敷いて寝たりする習慣も薄れつつあり、「和室はあまり使わないから、いっそのこと洋室にリフォームしたい」と考える人も多いようです。

和室をリフォームすると、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか?和室リフォームのポイントや費用について、解説しましょう。

和室から洋室にリフォームするメリットは?

和室を一体化させて、開放的なリビング空間をつくる

戸建てでもマンションでも、リビングの隣に和室を設けている家は、数多くあります。このような間取りの場合、リフォームをして和室とリビングを一体化させることで、広々とした快適なリビング空間をつくることができます。

和室が南側にある場合は、仕切りを取り払うことで日当たりも良くなり、今まであまり使わなかった和室の空間を最大限に活用することができるでしょう。

畳はカビが発生しやすく、お手入れも大変ですが、フローリングにすることでその手間もなくなります。洋間にすれば、畳替えの必要もありません。

また、最近はカーテンや家具などもほとんどが洋風なので、和室がなくなることで思い通りのインテリアに統一することができます。

たとえば、これまでリビングに置いていたソファを、今まで和室だった空間に移動させるというのはいかがでしょうか?

ゆったりとしたスペースにソファを置けば、明るくおしゃれなリビングで、気持ちよく寛ぐことができるでしょう。

使わない和室を、子供部屋にリフォーム

普段使っていない和室を、子供部屋にリフォームするという方法もあります。子供部屋には勉強机やベッドを置くので、洋室の方が家具を置きやすく、使い勝手が良いというメリットがあります。

リビングと子供部屋が隣接していれば、扉を全開にできるタイプにリフォームすることで、子供が遊んでいる姿を見守りながら家事ができますね。

ママが食事の準備をしているときも、子供が宿題でわからないことがあれば、いつでもサポートできるでしょう。

子供は部屋を汚すことも多いのですが、フローリングなら掃除やお手入れも簡単で、和室に比べてメンテナンスが楽チンです。

ご家庭によっては、あえて子供部屋を作らずに、リビングに学習スペースを作りたいと考える人も多いようです。その際も、家族のライフスタイルに合わせて、臨機応変にリフォームすることができます。

和室リフォームで何ができる?

では、和室をリフォームするときに、いったいどのようなことができるのでしょうか?「床」「ドア」「押入れ」「壁・天井」に分けて、ご紹介しましょう。

お手入れ簡単なフローリングに張り替える

和室をリフォームする際は、畳をお手入れが簡単なフローリングに張り替えることをおすすめします。

洋室で使うフローリングは、大きく分けて次の3種類があります。それぞれに特徴があり、価格も違うので、用途やご予算に合わせて選択しましょう。

単層フローリング

天然の木材の美しさを出せるのが、「単層フローリング」です。複合フローリングのように複数の板を組み合わせたりせず、丸太から切り出した一枚板を加工した無垢材なので、天然の木材ならではの魅力があります。

見た目もナチュラルで、フローリングの上を裸足で歩いたときに、無垢材の良さを感じることができるでしょう。重厚感があり、保温性や断熱性にも優れています。

ただし、単層フローリングは複合フローリングに比べて価格が高く、工期も長くかかります。一枚板なので、それなりの防音処置をしないと、下の階に音が響くこともあるでしょう。

自然の素材なので、複合フローリングほどお手入れが簡単ではありません。その点をよく理解した上で、決定することが大切です。

複合フローリング

単層フローリングに比べてリーズナブルなのが、「複合フローリング」です。複数の板を張り合わせた下地材の上に、天然材やシートを張って作られており、表面に天然材を使ったものは見た目も無垢材に近いものがあります。

複合フローリングは種類が多く、さまざまなデザインや機能性、予算の中から選ぶことができ、無垢に比べて反りや割れが生じにくいという特徴があります。

メンテナンスがしやすく、特殊加工が施されている場合は表面も傷つきにくいので、実用性を重視する人には向いているでしょう。日本の多くの住宅が、この複合フローリングを使っています。

クッションフロア

「畳を外してリフォームをするのは大変」という人には、「クッションフロア」がおすすめです。クッションフロアは、畳の上に敷くだけで気軽に洋室にチェンジすることができ、コストも安く済ませることができます。

素材は柔らかい塩化ビニール樹脂で、クッションフロアの上を歩くとフワフワした感触があります。

手軽にリフォームできる点では嬉しいクッションフロアですが、畳の上に乗せているので、畳と床材の間にカビが発生してしまう可能性があるのがデメリットです。ずっと使う床材というよりは、あくまで簡易的な対処法と考えておいた方がいいでしょう。

襖や障子を洋風建具やドアに付け替える

多くの和室には襖や障子が建て付けられていますが、洋室にリフォームする場合は、襖や障子を洋風建具やドアに替えることで統一感を持たせることができます。

リフォームの方法は、大きく分けて2つあます。できるだけ簡単に済ませたいなら、襖や障子の枠を、そのまま使う方法がおすすめです。洋風の引き戸をはめ込むだけなので、枠の工事が必要なく、短時間・ローコストで洋風のドアにリフォームできます。

もうひとつの方法としては、和室の扉を、枠ごと室内ドアにリフォームする方法があります。この場合は、襖や障子の枠を交換する工事が必要なので、既存の枠を使うよりも手間や費用がかかりますが、引き戸に比べて気密性は高くなります。

押入れをリフォームしてクローゼットとして使う

押入れをクローゼットにリフォームしたいと希望する人は増えており、「部屋全体をリフォームするのは大変だけど、押し入れだけはクローゼットにしたい」と考えている方も多いようです。ベッドで寝る生活が一般化し、「布団を使わなくなったので、押し入れが必要なくなった」という人も、少なくありません。

押入れをクローゼットにすればタンスを置く必要がないので、地震でタンスが転倒する危険を避けることもできるでしょう。タンスのない室内は圧迫感がなく、広々と使えます。襖の代わりに頑丈なドアを取り付ければ、小さな子供のいるご家庭でも襖に穴を開けられる配もなく、安心して遊ばせられます。

押入れをクローゼットにリフォームする際には、衣類の重さに耐えられるように、補強しなければならないケースもあります。押し入れの状態によっては、クローゼットにできない場合もあるので、リフォーム業者に事前に確認した方がいいでしょう。

また、押し入れは結露しやすいので、クローゼットに服を収納してカビが生えたりしないよう、外壁に接する場所に断熱材を入れる場合もあります。ルーバーの付いた扉を設置して、湿気がこもらないようにするのも、ひとつの方法です。

壁・天井を張り替えて、おしゃれな洋風空間に

和室の壁や天井を張り替えて、おしゃれな洋風の部屋にリフォームできます。和室の壁は、一戸建てとマンションで造りが異なります。

一戸建ての壁は柱や鴨居、長押が見える左官仕上げの真壁(しんかべ)が一般的です、これを大壁にリフォームしてクロスを張れば洋風にできますが、費用は高めになります。真壁を大壁にするためには、柱を隠すためにボードを張るので、部屋が若干狭くなります。

ローコストで洋風の壁にしたい場合は、真壁の特性を活かしてレトロモダンな雰囲気に仕上げる方法もあります。

マンションの場合はクロス張りの柱などが見えない大壁が多いので、洋風のクロスに張り替えれば洋室として使うことができ、少ないコストで済むでしょう。

天井は、和室の場合板張りになっていることが多く、天井を洋風にするには上からクロスを張るのが一般的な方法です。

天井にクロスを張るときは、下地にべニアを張ってからクロスを張る必要があります。できるだけ費用を抑えたい場合は、壁のリフォームを省いて、天井と床だけリフォームを行う方法もあります。

和室リフォームの費用と工期の目安

「床」「ドア」「押入れ」「壁・天井」のリフォームについてご紹介しましたが、これから和室のリフォームを行うときに、費用や工期はどのぐらいかかるのでしょうか?

和紙リフォームの費用と工期の目安は、おおよそ次のようになります。

リフォームの種類 費用 工期
畳をフローリングに交換 約15~30万円 3~5日
砂壁をクロスにリフォーム 約10~30万円 1~2日
押入れをクローゼットに変更 約6~25万円 1~3日
襖をドアに変更 約3~22万円 1~2日
和室を全体的に洋室化 約40~70万円 1~2週間

畳をフローリングに変更するだけなら、10万円ほどで済むケースもありますし、和室全体をリフォームすると60万円以上かかることもあるでしょう。

目安としては、間取りの変更が必要なリフォームについては、1㎡あたり10万円~15万円ほどが相場です。

実際に和室リフォームを行う場合は、どの部分をどうリフォームするか、どんな工法でどんな材質を使うかによって、かなり費用が違ってきます。

正確な数字が知りたい人は、リフォーム業者に見積もりを依頼して現場を見てもらい、ご自身の希望を伝えた上で見積書を出してもらいましょう。

工期についても、見積もりを受け取る際に、何日ぐらいかかるのかを確認しておく必要があります。和室全体をリフォームする場合、1週間~2週間ほどで完了するのが一般的ですが、工事内容やスタッフの人数などによってはそれ以上かかるケースもあります。

和室をリフォームする注意点

マンションや一戸建ての上階は、防音性に注意!

和室のリフォームを行う際に、マンションや一戸建ての上階をリフォームする場合は、防音性に注意が必要です。

特に単層フローリングは、畳の3分の1ほどの厚さなので、そのまま張っただけでは下の階に音が響いてしまいます。

単層フローリングをマンションや一戸建ての上階に設置する際には、遮音性能のある下地材を敷いたりして、防音対策をするようにしましょう。

その点、複合フローリングは遮音性能があり、下地材を敷かなくても問題なく設置できます。

和室を洋室にするときは、床の段差にも注意を!

和室を洋室にリフォームする場合は、床の段差にも注意が必要です。

たとえば20年以上前に建てられた住宅は、まだバリアフリーの考え方が広まっていなかった頃の建築なので、リビングと和室の間には必ずといっていいほど段差があります。

その場合、和室を洋室にしてリビングと一体化するためには、段差をなくさなければなりません。リビングの床を剥がして下地を入れ、高さを上げてから床材を張るのがベストな工法で、フラットな美しい空間にすることができます。しかし、そうなるとかなり大変な作業で、費用も高額になってしまいます。

手頃な価格と短い工期で和室とリビングの段差をなくすには、和室の襖の部分を引き戸にするリフォームをおすすめします。

和室と洋室では床の構造が違い、畳の厚さは40mm~50mmほどですが、フローリングの厚さは12mmほどです。そのため、畳を取り除けば、畳の部屋の高さがその分低くなります。あとは敷居を交換し、リビングの床の高さに合わせて和室のフローリングを敷けば、同じ高さに調整することができます。

段差の解消方法は、家の造りによって異なるので、詳しくはリフォームの担当者に相談するといいでしょう。

和室リフォームは実績豊富なMTデザインにご相談ください!

和室のリフォームをお考えの方は、ぜひMTデザインにお任せください!。ご希望のリフォームを低価格で実現いたします。

MTデザインは、年間100件を超えるフルリフォームを行っております。見た目だけでなく、使い勝手や性能など、すべてにこだわった施工を行っていますので、過去のリフォーム事例などもぜひご覧ください。

MTデザインの担当者は、見積もりから施工管理まで、リフォーム全般を責任もって担当させていただきます。まずはお客様のお宅を確認させていただいた上で、どのような工事が適正か、低価格でご提供するにはどうしたら良いかをご一緒に考え、最適な方法をご提案させていただきます。

また、リフォームで重要なのは、リフォーム後のサポートです。MTデザインでは、リフォームがお客様とのお付き合いのスタートラインと考え、アフターメンテナンスもしっかりとやらせていただきます。和室リフォームは、MTデザインにどうぞ安心してお任せください。

  |  

リフォーム相談会