エコリフォームとは

エコリフォームとは、自宅で使う電力などのエネルギーの消費量を少なくするための、地球にやさしいリフォームのことです。
たとえば「内窓」を設置して断熱性や気密性を高めたり、外壁や屋根・床などの「断熱リフォーム」を行ったりすることは、エコリフォームにあたります。
また、屋根に「太陽光パネル」を設置すれば自家発電ができますし、壁や天井に「断熱材を充填」すれば、断熱性がアップして冷暖房のためのエネルギー消費量が減るでしょう。住まいにさまざまなリフォームのひと手間を加えることで、エコな暮らしを実現することができます。

エコリフォームの種類

1、内窓の設置

窓から入ってくる冷気や熱気は室温に大きな影響を与えるため、「内窓」を設置することによって、断熱性と気密性が大幅にアップします。
取り付け方はいたって簡単! 窓の上に額縁のような縁を取り付け、そこに内窓を設置して、「二重窓」にします。
1つの窓あたり60分ほどで設置できるので、少ない負担でリフォームが完了します。

2、外壁、屋根、床の断熱リフォーム

「室内が冬しんしんと寒く、夏はうだるような暑さになる」という場合は、「断熱リフォーム」が必要かもしれません。
外壁や屋根、床に「断熱材」「断熱パネル」を設置したり、「断熱塗料」を塗装したりする方法もあります。
断熱リフォームを行うことによって、冬はお部屋の暖気が室外に漏れず、夏は外の暑い空気が室内に入り込まなくなるので、一年中快適に過ごすことができるでしょう。暖房や冷房の効きもよくなり、光熱費も節約できますね!

3、太陽光パネルの設置

ご自宅の屋根に「太陽光パネル」を設置する人が、とても増えてきました。太陽光発電をすることで電気代が削減でき、使わない電気を売ることによって売電収入が得られたり、停電しても電力を補うことができるなど、防災面においても安心だからです。
発電中にCO2を排出しないなど、エコの観点からも、太陽光パネルの設置はおすすめです。太陽の光はいくら使っても枯渇しないので、安心して使い続けられるでしょう。

4、断熱材の充填

壁や天井に「断熱材」を充填すると、断熱性と気密性が大きくアップし、冬暖かく、夏涼しく過ごすことができます。
住宅寿命も延び、壁の中の結露防止にもなり、冷暖房費も軽減されるでしょう。ご高齢の方の場合は、ヒートショックの防止にもなります。

エコリフォームを行うことのメリット

エコリフォームを行うことによって、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?
リフォームするためにはそれなりの工事費用がかかりますが、長期的に見れば光熱費を削減できるなど、さまざまなメリットを享受することができます。
そして何より、これから先ずっと快適に暮らし続けられるのが嬉しいですね。エコリフォームは家庭にも環境にもやさしいリフォームなので、ぜひ実践されることをお勧めします。

1、光熱費の削減

「エコリフォームをした方がいいのはわかるけれど、お金がかかるから大変」と思っている方もいるのですが、実は長い目で考えると、エコリフォームをした方がお得という考え方もあります。
なぜかというと、断熱材に省エネ資材を用いることで、冬暖かく夏涼しい快適空間が実現し、冷暖房の効率が大幅にアップするからです。
リフォームに費用がかかっても、その分光熱費が減るので、結果的に家計が潤うというメリットがあるのが、エコリフォームの嬉しい点です。

2、快適性

エコと聞くと、「我慢しなければならない」というイメージを持つ人も、いるかもしれません。でも、エコリフォームに限ってはその逆です。
エコリフォームを行うことによって、一年中快適な“ワンランク上の生活”を送ることができるので、むしろ「我慢しないでいい」快適な暮らしが実現すると言っていいでしょう。
たとえばシックハウス症候群に悩んでいた方は、エコリフォームによって原因となる化学物質を取り除くことで、シックハウスの症状を改善することができます。また、エコリフォームによって室内の温度差が少なくなるので、ヒートショックの危険性も大幅に減るでしょう。

3、環境負荷の削減

エコリフォームをすることによって冷暖房の効率が上がると、冷暖房による温室効果ガスの排出を減らすことができるため、地球環境の保護に貢献することができます。
地球環境にやさしい家づくりに興味がある方は、ぜひエコリフォームに取り組んではいかがでしょうか?

【補助金・減税活用術】お得にエコリフォーム

エコリフォームをすることによる長期的なメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか?エコリフォームにはさまざまなメリットがあることが、おわかりいただけたかと思います。
ただし、問題なのは費用です。「エコリフォームを行いたいけれど、さすがに費用が高くて」と悩んでいる人も、いるのではないでしょうか?
実はエコリフォームは、「補助金・減税」を活用して、お得にリフォームをすることができるんですよ!
「省エネ特定改修工事特別控除制度」といって、要件を満たすエコリフォームは、所得税から10%の控除を受けることができるという制度です。太陽光パネルを設置する場合は、さらに控除額が増額となるので、ぜひ活用しましょう。

1、適用要件 

「省エネ特定改修工事特別控除制度」は、省エネ改修工事を行った人が自ら所有し、居住するための住宅(賃貸住宅は除く)であることが条件です。
それ以外に、家屋に関する下記のような条件もあります。

  • ●改修工事が完了した日から6ヶ月以内に居住すること
  • ●改修工事後の家屋の床面積が50 ㎡以上で、その2分の1以上が自己の居住用であること
  • 居住部分の工事費用が総額の2分の1以上であること

また、リフォーム工事の条件としては、窓の断熱工事(またはそれと合わせて行う床の断熱リフォーム)、天井や壁の断熱改修工事、太陽光発電設備の設置工事が対象となっています。
申請期限は、令和3年12月31日までにリフォーム後の居住を開始した住宅が適用となるので、エコリフォームをお考えの方は早めに計画を立てましょう。

2、適用金額 

控除対象限度額は250万円(太陽光発電設備を設置する場合は350 万円)までです。
ただし、リフォーム費用から補助金を控除した額が50万円を超えること、合計所得金額が3,000万円以下であることが条件となっています。
それ以外にも細かい適用要件があるので、詳しくは国税庁のホームページで確認しましょう。

3、手続き方法 

補助金・減税の申請は、ご自身で行っていただく必要がありますが、申請に必要な見積書および各種証明書の準備については、当社が協力いたしますので、ご安心ください。
補助金・減税の手続きについて、何かお聞きになりたいことがある場合は、「住まいるダイヤル」という相談窓口に問い合わせることもできます。

4、手続き上の注意事項

補助金・減税の申請にあたっては、申請のタイミングに注意が必要です!
リフォーム着工前に申請をしないと、予算の上限に達した時点で、締め切られてしまうことがあるからです。
たとえば申請期限は令和3年12月31日となっていますが、「期間中だからまだ大丈夫」とのんびりしていると、夏や秋頃に終了してしまう場合もあります。
工事の予定も含め、余裕をもってエコリフォームの計画を立てましょう。

5、板橋区、練馬区で受けられる補助金の内容 

上記の補助金・減税以外にも、地方自治体単位で受けられる補助金があります。
板橋区には、リフォームローンを利用した場合の金利優遇を始め、太陽光発電システムなどに対する補助金制度などがあります。

練馬区では、アスベストの調査や除去工事費の助成、太陽光発電システムなどに対する補助金制度などがあります。

国や自治体の制度をフルに活用して、お得にエコリフォームを実現しましょう!

まずはお気軽にご相談ください!

下記電話番号、またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
メールでのご連絡は内容を確認後、担当者より連絡させていただきますので今しばらくお待ちください。

お電話による
お問合せ

0120-117-304
受付:9:00~18:00

    必須お問い合わせ内容
    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    必須お問い合わせ詳細
    必須送信内容のご確認 上記の内容で送信する

    リフォーム相談会